英語日記

自分の思いを話せるようになるために

絵本の英語教室では「書くことは話すことに通じる」という理念のもと、子供たちのペースに合わせて、英語日記指導を行います。第二言語として英会話を習得するうえで、「自分の思いを書く」事は非常に重要です。なぜなら、書けないことは、話せないからです。(第一言語としてなら、日本語の様に、話すが先になります。)

単語をつなげて、ジェスチャーを交えれば、なんとなく言いたいことを伝えられる時もあります。しかし、正確に自分の気持ちや想い、ニュアンスを伝えたいと思ったとき、正しい単語を選び、時間の流れや文の構成を考えて、しっかりと文章を組み立てなければ、間違った意味で伝わってしまうことは、簡単に起こります。日常的に英会話をすることが困難な環境の場合、本を読む事≒聞く(入力)、日記を書く事≒話す(出力)です。

 

絵本の英語教室では、アルファベットの練習から始まって、立派な英作文が書けるようになるまで、丁寧に指導します。そしてその内容をもとに、Q&Aをして「話す」につなげます。

 

絵本の英語教室♪

フォニックス