Q.外国人講師に習った方がしっかり身に付くのではないですか?

 A.外国人講師、日本人講師、それぞれにメリットとデメリットがあります。

しかし、日本で第二言語として英語を学ぶ場合、外国人講師とペアでレッスンをしたことのある経験上、日本人講師をおすすめします。 毎日、ある程度の時間、例えばインターナショナルスクールのような場所で英語生活を送るなら、もちろん外国人講師が良いでしょう。言葉の習得よりも、「外国人と触れ合いたい」「異文化を体験してほしい」この様な思いがある場合も、外国人講師でないといけません。しかし、週一回のレッスンを軸に、家庭での取り組みも含め、言語を習得しようとする場合、やはり日本人講師がお勧めです。

 

  1. 話せるのと、教えるのとは違う
  2. 教育に熱心な外国人ばかりではない(もちろん全員ではありません。しかし、旅行で来て、アルバイト感覚でレッスンを行っている講師もいるので、見極めが肝心です。)
  3. 家庭での取り組み指導、レッスン内での学習態度の指導が必要な場合、日本語でじっくりと話をしなければいけない場面もあります。
  4. 子供が自ら日本語の意味を知りたいと思った時は、サラッと伝える方が、学習効果が高い場面もあります。

 

いつごろ始めるのがいい?

A.5才頃までがオススメです。

言葉の学習を始めるのは、早ければ早いほど効果的とされていますので、何歳であっても、早すぎるということはありませんが、0~3歳までの間に、なんらかの形で英語に触れていると、無理なく英語学習をスタートできます。

 

6才~7才頃から初めて英語を習い始める子供たちの多くは、英語を聞き取る事が難しなっていて、慣れるのに少し時間がかかる事があります。通常6才~7才頃から、左脳の働きが強くなると言われています。

 

0才から3才頃まで活発に働いていた右脳は、見るもの聞くもの全て吸収しますが、左脳は出力脳とも言われ、書いたり、話したり、表現することが得意です。左脳が活発に働くこの時期は、英語学習においても、英語を英語のまま自然に覚える事が難しくなってくる年齢でもあります。実際にレッスンを行っていても、違いを感じる年齢です。英語を英語のまま理解できる年齢を越え、日本語で説明して分かるほどの理解力もまだないこの時期は、レッスンを行うのが一番難しいと思っています。

 

また、4才頃になると、日本語と英語を分けて考えるようになり、日本語の意味を知りたがります。(決して悪いことではありません。聞かれたら、サラッと教えてあげてください。)ですので、3歳頃までに、なんらかの形で英語に触れさせてあげて頂くと、その後の英語学習が楽になると思います。(英語教室に通ってというわけではなく、自宅で英語環境を作るということ)

 

しかし、何年生になっても遅すぎるということは決してありません。子供たちの適応能力は素晴らしいです!はじめは、英語を聞き取るのが少し難しくても、早い子で3か月、ほとんどの子供たちが1年もすると、英語の音に慣れて、聞き取る力がついてきます。

 

Q.自分の発音で絵本を読んであげていいものか心配です。

A.全く心配いりません

ぜひ、時間のあるときには、たくさん絵本を読んであげて下さい。ご家庭での英語環境作りとして、宿題、絵本の読み聞かせ、の他に英語CDのかけ流しを行っていただきます。BGMの様に小さいボリュームで科研ガスだけなので、とても簡単な取り組みですが、このCDのかけ流しで、きれいな発音や英語のアクセントなどは十分に入力できます。

 

たとえ、英語絵本を間違った発音やアクセントで読み聞かせをして、そのまま真似をすることがあっても、年齢が大きくなったときに、簡単に修正することが可能です。お母さんその発音違うよ、と言うようになりますよ^-^

 

大切なのは、英語を聞き取れる耳を育てること。日本人が英語をきれいに発音できないのは、自分の発音の何がいけないのか、自分で聞き取ることが出来ないからです。何が正しくて、何が間違っているか聞き取れる耳があれば、発音は自然ときれいに出来るようになります。

 

問題なのは、発音を気にするあまり、絵本を読んであげないことです。絵本の時間を親子で楽しむことは、ご家庭での取り組みにおいてもっとも重要な時間です。

 

Q.振替レッスンありますか?

A.振替レッスンを行っております。 

学校の行事やお仕事、発熱など、休まず通いたいと思っていても、なかなか難しいものです。

それでも楽しみに通って頂けるのはとっても有り難いと思っています。可能な限りレッスンに参加して頂けるよう、振替レッスンをご用意しております。

しかし、お一人お一人のご都合に合わせて、レッスンを行うのは難しい状況です。

振替レッスンは、既存のクラスでのみお受けさせて頂くことになりますので、ご理解いただければと思います。

 

Q.何年も通って、単語しか覚えなかったらどうしよう。

A.レッスンの中心は絵本なので、単語しか覚えないという心配はありません。

しかし、英単語をたくさん知っていることはとても大切な事です。たくさん知っていれば知っているほど、長文問題などで知らない単語が出てきたとき、前後の流れから意味を推測しやすくなりますし、英会話においても、相手に伝わる可能性は高くなります。

 

絵本の英語教室では、音の出るペンの付いた絵辞典を使用し、小学6年生までに2000語の英単語を習得します。(中学3年間で習う英単語は約1300語)しかし、単語だけで十分なコミュニケーションをとる事はできません。単語をつなげて、ジェスチャーを交えれば、なんとなく言いたいことを伝えられる時もあります。しかし、正確に自分の気持ちや想い、ニュアンスを伝えたいと思ったとき、正しい単語を選び、時間の流れや文の構成を考えて、しっかりと文章を組み立てなければ、間違った意味で伝わってしまうことは、簡単に起こります。

 

絵本、チャンツ、英語カード、英語日記を取り入れ、「話す」事を最終目標に、「聞く」「読む」「書く」をバランスよく学習していきます。

 

コース案内・費用♪

絵本の英語教室

お申込み、お問い合わせはこちらから^-^