英語Q&A


Q. 外国人講師に習った方が良いですか?

 A. 指導技術のある日本人講師をおすすめします。

 

外国人講師、日本人講師、それぞれにメリットとデメリットがあると思います。その上で、第二言語として英語を学ぶ場合、日本人講師をおすすめします。

 

毎日、ある程度の時間、例えばインターナショナルスクールのような場所で英語生活を送るなら、もちろん外国人講師が良いでしょう。

 

一緒に過ごす時間が長ければ、日本語環境で生活すれば誰もが日本語を話せるのと同じ理由で、英語も話せるようになるはずです。

 

時間が短い場合でも、言葉の習得よりも、「外国人と触れ合いたい」「異文化を体験してほしい」この様な思いがある場合も、外国人講師である必要があります。

 

しかし、週一回のレッスンを軸に、家庭での取り組みも含め、言語を習得しようとする場合、教える技術、専門的知識を持った講師、そして、プログラムが必要と考えます。 

Q. いつごろ始めるのがいい?

A. 4才頃までがお勧めです。

 

英語学習は脳の仕組みから考えて、開始年齢が低いほど効果が出やすいです。年齢が上がっていけば、その年齢に合わせた学習方法が必要になりますし、時間と労力も必要になります。

 

日本には、中学生から英語を勉強し始めて、英語が話せる様になった方もたくさんいらっしゃいます。いくつになっても遅すぎるという事はないと思います。

 

しかし、年齢が上がっていくほど、自分の意志で努力する必要があります。興味があるないや、好き嫌いも出てきますし、得意不得意も分かれるでしょう。

 

好き嫌いに関係なく、英語が出来ることを求められる時代を生きていく子供たちです。

 

言語学習が得意なこの時期に、英語を生活の一部にすることで、すべての子供たちに平等に、英語が話せる様になるチャンスを与えてあげることが出来ます。

Q. 日本語がおかしくならないか心配です。

A. 英語で過ごす割合が日本語で過ごす割合より大きくならなければ、問題ありません。

 

日本語も拙い時期から、外国語を学習させることに抵抗がある方も多くいらっしゃるかと思います。日本で日本人として生きていく上で、日本語を母国語としてしっかり身に付ける事は、とても大切なことです。

 

しかし、日本人のご両親に育てられ、日本の学校に通い、普段日本語で生活をする子供たちが、週に1回英語教室に通い、おうちで毎日少しの時間CDを聞いたり、絵本を読んだりしたところで、日本語がおかしくなる可能性は限りなく0に近いと思います。

 

それどころか最近では、バイリンガル教育をした子の方が、日本語の能力や、算数の能力も高い事が研究で明らかにされています。

 

バランスがとても大切です。

Q.日本語訛りの発音で絵本を読んであげて良いのか心配です。

A. 心配いりません。たくさん絵本を読んであげて下さい。

 

たとえ、おうちで間違った発音やアクセントで読み聞かせをしていたとしても、CDや子供向け英語番組などで、正しい発音の英語を聞く機会はあるものです。

 

子供は、音の違いを敏感に聞き分け、上手に真似をします。もし、間違って覚えてしまったとしても、後から矯正する事も可能です。

 

問題なのは、発音を気にするあまり、絵本を読んであげないことです。おうちでの英語の取り組みとして、絵本の読み聞かせを一番におすすめ致します。

Q. 英検クラスはありますか?

A. 英検クラスは、開講していません。

 

言語学習をするにあたって、脳の仕組みを理解し、いつ何を学習するかはとても重要です。子供のうちは圧倒的に、「聞く・話す」が得意ですし、大人は「読む・書く」が得意です。

 

英検が高校・大学入試で優遇されるようになり、英検の必要性は高まっていますが、小学生のうちに英検を目指すメリットはなんでしょうか。

 

リリーズクラブでは、聞く・話すが得意な幼児・小学生のうちに、英検に受かるよりも先に「英語でコミュニケーションが取れる!」を目指すことに集中します。

 

そして、英検が必要になった時に、少ない労力と時間で簡単に受かるように、英語力を身に付けます。

Q.振替レッスンはありますか?

A. はい。行っております。 

 

学校の行事やお仕事、発熱など、休まず通いたいと思っていても、なかなか難しいものです。

 

お休みされた場合は理由を問わず、既存のクラスより、ご都合の良い日時をお選び頂き、振替レッスンにお越し頂いております。