講師自己紹介

幼児教育歴 12年

延べ2万人の子供たちに指導経験を持つ

子供たちの指導に活かすべくアドラー心理学を学ぶ


こんにちは。

リリーズクラブの新谷名代(しんやなよ)です。

 

小さい頃から、英語が好きというよりは、外国の人や文化に興味があり、テレビで海外ボランティアのドキュメンタリーや旅番組を見るのがワクワク大好きでした。

 

英語を好きになったのも、それがコミュニケーションを取るすべだったからなのだと思います。

 

小学生の頃は、通信制の英語教材を買ってもらってテープを聞いたり、テキストをノートに書き写すのが好きで、両親に頼んで英語教室にも通わせてもらいました。中学に入ってからも英語の授業が好きで、海外への憧れもどんどん強くなっていきました。

 

それでもなかなか海外へ行くきっかけはありませんでしたが、、21歳の時、ついに念外の留学を経験。ニュージーランドの北島にある首都オークランドに1年間滞在しました。

 

イタリア語を母国語とする夫婦と2才の男の子がいる家庭にホームステイをし、そこで子供が二つの言語を覚えていく過程を目の当たりにして、子供の言葉を覚えるの力に興味を持ち、帰国後すぐ、福井市にある英語教室で児童英語講師として働き始めました。

 

その教室で3年働いた後、鯖江市にある幼児右脳教室に移り8年、計11年間、英語だけでなく、たくさんの親子の子育てや教育に関わらせて頂きました。

 

3人目の妊娠出産をきっかけに退職し、これまでの経験を活かして、自分なり何かできないかと考えた時、自然と「自宅で学習教室を開きたい!」と思いました。

 

英語講師としての経験と幼児教室での勤務経験を活かし、2016年4月に絵本の英語教室リリーズクラブと国語算数の教室ガウディアを同時に開講。

 

開講して1年程が経ったとき、リリーズクラブを大きく変える出会いをしました。これまでの経験から、英語教室に週1回通っただけで、話せる子を育てることは無理だと、半ば常識の様に思っていたものを覆された瞬間でした。

 

英語だけでコミュニケーションを取る子供たちの様子を見て、このノウハウをどうしても知りたい!と4日間の養成講座を受講。

 

やり方を教えて頂いたからと言って、すぐにうまくいくはずもなく、試行錯誤の日々ではありますが、本気で「話せる子を育てよう!」と決意。

 

2018年度より、英語でコミュニケーションを取れる子をどんどん育てている確かな実績のあるプログラムを導入し、初めの3年間で「英語でコミュニケーションが取れる!」を目指します。

 

 



今、考えるのが苦手な子供たちが増えています。見たことのない問題はやろうとしない、ただ言われたまま暗記する。パターンで訳も分からず解答欄を埋める。そして、指示をされないと何をしていいか分からない。指示されたことしか出来ない。難しい仕事は諦める。嫌だったらやめる。。。そんな大人も増えています。

 

何か困難なことが目の前に現れた時、必要なのは、今ある知識を活かして、その困難に立ち向かう勇気と、行動力と、そしてなにより、どうしたらよいか「考える力」だと思います。

 

ガウディアでは「考える力」を育てます。

 

たくさんの子供たちに、「学ぶって楽しい!おもしろい!」を感じて頂き、将来、自分らしく生きるために必要な、基礎学力をしっかり身に付けて頂けるよう、日々、子供たちの気持ちに寄り添い、指導させて頂いています。


リリーズクラブ、ガウディアでは、習っているその事を習得することはもちろんですが、

 

・毎日少しずつ続けること

・出来るようになる喜びを感じること

・分かった時の達成感を味わうこと

・失敗は悪い事じゃないと知る事

・自己肯定感を身に付けること

 

を大切に考えています。これらすべては、なりたい自分になる力、好きなことを仕事にできる力、夢をかなえる力になります。

 

子供たちが将来なりたいものを見つけ、それに向かって行動しようとした時、自分なら出来る!という自信を持って、ワクワク楽しく、諦めずに頑張れる力を育てたい!

 

そんな思いで、子供たち一人一人のペースに合わせて、英語・国語・算数を丁寧に指導していきます。

 

子供たちの「わかるから楽しい!だから、もっと学びたい!」という学習意欲を引き出すカリキュラムをご用意してお待ちしています。体験レッスンは随時受付中です。ぜひお気軽にお問合せください♡