絵本の英語教室

Q. 外国人講師に習った方が良いですか?

 A. 日本人講師をおすすめします。

 

外国人講師、日本人講師、それぞれにメリットとデメリットがあると思います。その上で、第二言語として英語を学ぶ場合、日本人講師をおすすめします。

 

毎日、ある程度の時間、例えばインターナショナルスクールのような場所で英語生活を送るなら、もちろん外国人講師が良いでしょう。

 

言葉の習得よりも、「外国人と触れ合いたい」「異文化を体験してほしい」この様な思いがある場合も、外国人講師である必要があります。

 

しかし、週一回のレッスンを軸に、家庭での取り組みも含め、言語を習得しようとする場合、やはり日本人講師がお勧めです。

 

①話せるのと、教えるのとは違う。

 

②教育に熱心な外国人ばかりではない。もちろん全員ではありませんがアルバイト感覚でレッスンを行っている講師もいるので、見極めが必要です。

 

③ご家庭での取り組みやレッスンでの様子など、保護者様のご相談を伺うときは、日本人講師が安心です。

 

 

Q. いつごろ始めるのがいい?

A. 4才頃までがお勧めです。

 

英語学習は脳の仕組みから考えて、開始年齢が低いほど効果が出やすいです。年齢が上がっていけば、その年齢に合わせた学習方法が必要になりますし、時間と労力も必要になります。

 

日本には、中学生から英語を勉強し始めて、英語が話せる様になった方もたくさんいらっしゃいます。いくつになっても遅すぎるという事はないと思います。

 

しかし、年齢が上がっていくほど、自分の意志で努力する必要があります。興味があるないや、好き嫌いも出てきますし、得意不得意も分かれるでしょう。

 

好き嫌いに関係なく、英語が出来ることを求められる時代を生きていく子供たちです。

 

言語学習が得意なこの時期に、英語を生活の一部にすることで、すべての子供たちに平等に、英語が話せる様になるチャンスを与えてあげることが出来ます。

 

Q. 日本語がおかしくなることは?

A. 英語で過ごす割合が日本語で過ごす割合より大きくならなければ、問題ありません。

 

日本語も拙い時期から、外国語を学習させることに抵抗がある方も多くいらっしゃるかと思います。リリーズクラブでは日本語をとても大切に考えています。だからこそ、国語算数の教室も開講しています。

 

その上で、日本人のご両親に育てられ、日本の学校に通い、普段日本語で生活をする子供たちが、週に1回英語教室に通い、おうちで毎日少しの時間CDを聞いたり、絵本を読んだりしたところで、日本語がおかしくなる可能性は限りなく0に近いと思います。

 

Q.自分の発音で絵本を読んであげていいものか心配です。

A. 全く心配いりません。たくさん絵本を読んであげて下さい。

 

たとえ、英語絵本を間違った発音やアクセントで読み聞かせをして、そのまま真似をすることがあっても、正しい発音の英語を聞く機会が他にあれば、簡単に修正することが可能です。すぐに「お母さんその発音違うよ。」と言うようになりますよ!

 

大切なのは、英語を聞き取れる耳を育てること。日本人が英語をきれいに発音できないのは、自分の発音の何がいけないのか、自分で聞き取ることが出来ないからです。何が正しくて、何が間違っているか聞き取れる耳があれば、発音は自然ときれいに出来るようになります。

 

問題なのは、発音を気にするあまり、絵本を読んであげないことです。おうちでの英語の取り組みとして、絵本の読み聞かせを一番におすすめ致します。

 

Q. 英検クラスはありますか?

A. 英検クラスは、開講していません。

 

言語学習をするにあたって、脳の仕組みを理解し、いつ何を学習するかはとても重要です。子供のうちは圧倒的に、「聞く・話す」が得意ですし、大人は「読む・書く」が得意です。

 

英検が高校・大学入試で優遇されるようになり、英検の必要性は高まっていますが、小学生のうちに英検を目指すメリットはなんでしょうか。

 

リリーズクラブでは、聞く・話すが得意な幼児・小学生のうちに、英検に受かるよりも先に「英語でコミュニケーションが取れる!」を目指すことに集中します。

 

そして、英検が必要になった時に、少ない労力と時間で簡単に受かるように、英語力を身に付けます。

 

Q.振替レッスンありますか?

A. 振替レッスンを行っております。 

 

学校の行事やお仕事、発熱など、休まず通いたいと思っていても、なかなか難しいものです。それでも楽しみに通って頂けるのはとっても有り難いと思っています。

 

可能な限りレッスンに参加して頂けるよう、振替レッスンをご用意しております。

 

しかし、お一人お一人のご都合に合わせて、レッスンを行うのは難しい状況です。振替レッスンは、既存のクラスでのみお受けさせて頂くことになりますので、ご理解いただければと思います。